Q:遺言(いごん、ゆいごん)の仕方がわかりません


船橋・市川エリア相続手続相談センター

A:一般的には、3種類の仕方があります


 「遺言」は法律用語としては、「いごん」と読みます。

  皆さんがこの言葉を使われるときには

 「ゆいごん」で何も問題はありません。専門家は「いごん」と

  言うんだと知っておかれる

    だけで十分です。

 

   さて、普通には3種類の遺言があります。

 (特別な方式については、ここでの紹介は省きます。)

 

     ①自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)

     ②秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

     ③公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)

 

  少々難しそうな言葉が並びましたが、一つずつわかりやすく

    説明しますので、ご安心ください。 

 


 ①自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)

 

  自分で書いて残せる遺言書です。

  

   【メリット】

   ・内容を誰にも知られずに自分一人で作成できる

         ・費用が安く済む

   ・内容を修正したいときは、いつでもできます

 

   【デメリット】

   紛失したり、誰かに隠されたりする可能性がある

   遺言内容に不備があると、「遺言」として認められ

            ない(無効)

   ・遺言を書かれた方が亡くなった後、家庭裁判所の

            *検認が必要

 

    *検認:相続する人に対し遺言の存在及びその内容を

                       知らせるとともに、遺言書の内容を明確にし、

         遺言書の偽造・変造を防止するための手続の

         ことです。

 

  ○メリット、デメリットを十分理解し、自筆証書遺言を

         書かれる場合は、次のものを用意してください。

    

     ・紙              

               ・封筒

     ・ペン(万年筆やボールペン)  

               ・印鑑(認印可だが実印が良い)  

      

  ○書く際に、気を付けるべき内容

   

   ・戸籍と同じ名前をフルネームで書きましょう

   ・書いた日付を省略しないで書きましょう

   ・使用する印鑑は一つで統一しましょう

   ・具体的にはっきりと書きましょう

   ・不動産は登記簿謄本どおりに正確に書きましょう

   ・預貯金は金融機関名、支店名、預金の種類まで

    書きましょう

   ・遺言書を封筒に入れたら、封印することを薦めます

   ・相続する方には「*遺留分」がありますので、配慮

    しましょう

   ・誰かを「*遺言執行者」に指定すると、スムーズに

    事が運びやすい

 

    *遺留分については、ココを参照願います。

    *遺言執行者については、ココを参照願います。

 

 ≪アドバイス≫

   ・お一人で作成はできますが、デメリット部分がかなり

    大きい内容です。

            十分検討頂いてから、お書きください。

  

船橋・市川エリア相続手続相談センター

 ②秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

 

  遺言内容を秘密にし、

  証人2名と公証役場に持っていくことで、遺言の「存在」を

  明らかにする遺言書です。

  

  

   【メリット】

   ・遺言の存在を明らかにできるが、一方で内容は誰にも

    知られずにすむ

         ・費用は比較的安く済む  11,000円(公証人手数料)

   ・偽造、変造を防ぐことができる

 

   【デメリット】

   紛失したり、誰かに隠されたりする可能性がある

   遺言内容に不備があると、「遺言」として認められない

   (無効)

   ・遺言を書かれた方が亡くなった後、家庭裁判所の*検認

    が必要

 

     

  ○メリット、デメリットを十分理解し、秘密証書遺言を

   書かれる場合は、次のものを用意してください。

    

     ・紙              

     ・封筒

     ・ペン(万年筆やボールペン)

     ・印鑑(認印可だが実印が良い)  

     ・証人2名(身分証明書とペン、印鑑)

     ・公証人手数料

      

  ○書く際に、気を付けるべき内容

   

   ・自筆はもちろん、パソコンで作っても代筆でも

    大丈夫です

   ・最後の署名は自分で書きましょう

   ・書いた日付を省略しないで書きましょう

   ・使用する印鑑は一つで統一しましょう

   ・具体的にはっきりと書きましょう

   ・不動産は登記簿謄本どおりに正確に書きましょう

   ・預貯金は金融機関名、支店名、預金の種類まで書き

    ましょう

   ・遺言書を封筒に入れたら、封印しましょう

   ・相続する方には「*遺留分」がありますので、配慮

    しましょう

   ・誰かを「*遺言執行者」に指定すると、スムーズに

    事が運びやすい

 

    *遺留分については、ココ参照願います。

    *遺言執行者については、ココを参照願います。

 

 ≪アドバイス≫

   ・費用をかける割には、自筆証書遺言と同じデメリット

    部分が残ります。

    その点を十分検討頂いてから、お書きください。

 

船橋・市川エリア相続手続相談センター

 ③公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)

 

  遺言の内容を公証人に筆記してもらう遺言書です。

  

  

   【メリット】

   ・公証人が作成するので、無効となることがない

         ・原本は公証役場に保管されるので、紛失することはない

   ・偽造、変造を防ぐことができる

     ・家庭裁判所の*検認は不要

 

   【デメリット】

   ・公証人、証人に中身を知られてしまう

   ・手間と費用がかかる  

    16,000円~(公証人手数料、相続する財産額による)

    

     

  ○メリット、デメリットを十分理解し、公正証書遺言を

   書かれる場合は、次のものを用意してください。

    

     ・遺言の原案    

     ・ペン(万年筆やボールペン)  

     ・印鑑(実印)  

     ・証人2名(身分証明書とペン、印鑑)

     ・公証人手数料

     ・印鑑証明、戸籍謄本、固定資産評価証明等

      

  ○作成時に、気を付けるべき内容

   

   ・お願いする証人二人は、知人や相談した行政書士などに

    依頼されることをお薦めします

    証人がどうしても見つからない場合は、公証役場に相談

    しましょう

   ・場合によっては、証人への謝礼も必要となります

   ・公証役場に出向けない場合(入院中、身体不自由等)

    は、公証人が出向いてくれます

   

 

 ≪アドバイス≫

   ・手間と費用をかけただけ、最も安心できる遺言書です。

    証人を専門家に依頼すれば、内容が漏れるデメリットも

    解消します。

船橋・市川エリア相続手続相談センター